F1 ロータスホンダ

前回に引き続きましてツインリンクもてぎで行われたイベント
懐かしのロータスホンダの貴重な写真を撮ってきました
惜しみなく大量に写真を載せてます

b0100118_20244774.jpg

ロータスホンダは1988年ネルソンピケと日本人で初めてF1に参戦し、2年目となる
中嶋悟 氏がコンビを組み世界を転戦していました




b0100118_2025861.jpg

カウルを外してコックビットとラジエーター類が見れます
個人的には真っ黒なカーボンモノコックに黄色いキャメルのロゴが入っているのが
なつかしく思います




b0100118_2025169.jpg

エンジンはV型6気筒のターボエンジンを搭載
現在のレギュレーションではターボなどのパワーを上げる為の装置を付けることは出来ません
最高出力はタービンをフルに使って1000馬力以上あったそうです
この時代はセミオートマチックもなく、トラクションコントロールもパワステも無い状態で
ドライバーがすべてをコントロールし操っていました

b0100118_20562049.jpg

何かのイベントでデモランするのでレストアしているクルマとは言え、年代物なので
しっかりと整備をされていてどのパーツも輝いていました




b0100118_20563260.jpg

エンジンをスタートさせて暖気運転しています
アナログのタコメータ−の針が回転数を指してデジタル部分も油圧、水温を表示しています




b0100118_20254985.jpg

いよいよ黄色いキャメルカラーのロータスホンダと中嶋悟氏の走行が始まりました




b0100118_2026532.jpg

タイヤも現在のF1で立て溝が入っているドライタイヤではなく、スリックタイヤを付けて
います、そして昔の方がタイヤの幅が大きいのです




b0100118_20263836.jpg

一番シックリする感があるこのキャメルカラー、印象があったんでしょうね〜




b0100118_20265338.jpg






b0100118_2027423.jpg

ステアリングも当時はスッキリしています



b0100118_20271617.jpg

昔のF1は現在のように空力パーツに力を入れておらず前後のウイングでマシンを押さえ込み
あとはパワーのあるエンジンの力で走っていたように見えます




b0100118_20273188.jpg

そしてもう一つ、コチラは同じロータスですが、ホンダはマクラーレンにエンジン供給するため
変わりにジャッドエンジンを搭載してシーズンを戦っていました




b0100118_20274292.jpg

この年の最終戦オーストラリアGP(アデレード市街地サーキット)で雨の中
日本人が初めて3位表彰台に立てるかどうか接戦のレースでファーステストラップ
(サーキット一周のタイムが一番速いこと)をだしていましたが
雨のためエンジンに問題があったためペースを上げられず4位でチェッカーフラッグを振られ
レーズを終えました

88年のからレースを時々見てきてアランプロスト、アイルトンセナが同じチームでチャンピオン
を争った年に見続けるようになり、そこから魅力にハマりました
2006年のレースで終わる鈴鹿サーキットも20周年、僕もF1を見てきて早20年くらいたった
来年から日本GPは富士スピードウエイに舞台を変わり、そして若いドライバーも出てきました
これからも新たな歴史を見続けるでしょう
[PR]
by takiphoto_1991 | 2006-10-30 20:33 | F1
<< 東武動物公園 F1 フェラーリ >>